昔はお墓というものは物悲しい余韻がしていましたが…。

火葬に相当する職業者は古い時代から私度僧が人々の中に入り込み路肩に見捨てられた死体を集め、鎮魂して火葬したことがきっかけとして、『オン坊』と呼ばれるようになったのだろう。
死没者の意思を受け親族だけで葬式を終わらせたところ葬儀に参加出来なかった方々が、お参りさせてくださいと自宅へ、訪れ悲しみを癒します。
最近では斎場とも呼ばれているが今まで祭祀儀礼を執り行うスペースおよび、祭祀儀礼を施行する建物全般を指摘する言い方であり、通夜・葬儀告別式を行う式場で斎場と言うことが多いようですね。
往生者は釣りが大好きだった故人の話を聞いていたことによって旦那さまのために祭壇を釣りに見立てて、ご提案させていただきました。
ご先祖に対しての供養でございましてご家族によってやる方が、一番いいですが、色々な都合で、やれない時は、お寺に電話をかけ、卒塔婆を立てる供養に限定して、手配する事もあります。

四十九日法要の時とは違って後々に残るもので大丈夫だといえますしその場所の仕来り等によっても、差がありますので、百貨店などでご相談してみるのも仏具店などでご相談されるのも、いいでしょう。
家族葬フェアや終活セミナーや家族葬ホール見学会などを行っているわけですから、何よりもそういうのに伺ってみることを勧めます。
一般的に葬儀会場ひとつとっても一流ホテルの大式場が憧れだということもあれば、寺院の格式ある雰囲気の中で、お見送りされたいというご家族もおられます。
通常吾輩は『法事』と呼んでいるそうですが、杓子定規に言うと、坊主に読経をあげてもらう点を「法要」と言うので、法要と宴席も合わせた催事を『法事』と呼ばれています。
気持ちの強い方が死んだことを認めた上で故人の冥福を祈る事で集まった家族や友達と、感じ合うことで、悲しみは和らぎます。

喪家が指す意味はご不幸のあったご家族を指し示す言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を使うことも多く喪家は関西各地を主体として、適用される、ことが多いようです。
そのうえお墓の形態も今では色々と存在し少し前までは決まりきった形状のものばかりでしたがここ数年で洋風化された、墓石が増加していますし、自由な形にする方も、多数おられます。
昔はお墓というものは物悲しい余韻がしていましたが、昨今は公園墓石等の快活なお墓が多数派です。
家族葬には揺るがない多義はなく家族を真ん中に、親しい人など故人とつながりがある人が集まり決別する多少のお葬式を指して言うことがだいたいです。
実際的に来た人を何人か声をかけていかほどのスケールの葬儀を行うのかを選択したり、亡くなった人の信仰を配慮し、どんな風の葬儀を執り行うかを選択したりしていきます。

大阪市立北斎場 葬儀