仏式の時は北枕に安置するのがベストだとされていますがご遺体の安置の手段についてはキリスト教・神式など仏式以外の様々な宗教・宗派の特色によって決まりごとが違います…。

後飾りは葬儀が終了して白木祭壇を整理した後に遺影・ご遺骨・位牌などを満中陰法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)まで安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います。
四十九日の時とは違って時間がたっても残存するもので結構だと思いますし地域の慣わし等によっても、バラバラですので、百貨店などでご相談してみるのも仏具店などでご相談されるのも、よろしいと思います。
大事な人のご危篤をお医者さんから伝えられたら、家族や親族や己が会いたがっている方に、いの一番に連絡を取りましょう。
今日日は斎場(公営・市営・民営とあります。東京では臨海斎場 予約、大阪市では大阪市立北斎場が有名です)とも言われるが古来祭祀儀礼を執り行う場所および、祭祀儀礼を遂行する建物全般を示す呼び名であり、通夜・葬儀・告別式のみ執り行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。東京では臨海斎場 予約、大阪市では大阪市立北斎場が有名です)と呼ぶそうです。
奮って記した遺言ノートも実在をこぞって認識がなければ価値がなくなるので、信頼ある人間伝言しておきましょう。

その昔は通夜は故人の深い関係の人達が日が昇るまで仏の傍にいてのが一般的でしたが、この頃は訪問者をお迎えして通夜を施工し、2時間程度で閉式するのがメインです。
院内で旅立たれた時は病室から数時間以内に移動を要請されるケースも多く、お迎えの霊柩車を手筈する急がれます。
『終活』というものはイメージ通り行く末のきれいに幕を閉じる方法であり、余生ライフを更に華のあるすべく事前に手回ししておこうと言われる活動です。
またもしもの場合は生前に打ち合わせを、されていた葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に葬式をお願いすることが叶いますので、実際にというような時も心地よく対することができるはずです。
病院で亡くなったケースだと数時間のうちに葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)を選定しさらに当日中に数か月分の収入と同様の、買い物をしないとなりません。

葬儀と告別式とは本来分けて行うもので仏教のお別れの儀式では初めに僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経等々施し、その後に告別式、主にご家族ご親族が故人をお見送りする会が、実行されています。
仏式の時は北枕に安置するのがベストだとされていますがご遺体の安置の手段についてはキリスト教・神式など仏式以外の様々な宗教・宗派の特色によって決まりごとが違います。
遺族代表は通夜・葬儀・告別式の実務的な面での責任者となり広い役割分担はご参加いただいた方への挨拶、などが存在するようです。
終活セミナーや葬儀勉強会や葬儀式場見学会などを行っているわけですから、ひとまずそれらに訪問してみることを助言しています。
習慣的に地元密着という葬儀屋さんが多いみたいですが最近ではお客様の声に合わせた葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)など、各々の特徴をいかした、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)も出現してきました。

大阪市立北斎場 葬儀