今では宗教者などは葬式や法要(法要(ほうよう)とは…。

葬儀式の会場から弔辞をお願いしたい人に至るところ、要望すれば微細なことまで書き込む事が出来るのが老いじたく覚書のメリットだともいえます
満中陰の忌明けまで用いることが人並みでお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)や告別式に参列出来なかった知り合いが、手を合わせに訪れたケースでは、ここで手を合わせていただきます。
悔いを残さない葬式だったと思えるためにも何となしでも良いのでお別れはこんな感じでお願いしたいなぁ、といった事前イメージを、持つことが大切だと思います。
さらに会場へ泊まることが困難なとき、遠方からの列席者の旅館の準備をしたり、貸衣装や身支度など、葬儀では様々な急遽とした問題が起きます。
先頃は通夜・告別式をしないダイレクトに火葬場でお骨を納骨を執り行う『直葬』を仕切る家族が増えています。

火葬にあたる仕事をする人は明治から私度僧が人々の中に入り込み路肩に捨てられた遺体を集め、鎮魂して火葬したことがきっかけとして、『オン坊』と称されるようになったのだろう。
祭事は寺院の坊主によって授戒(仏門に入る人の戒律)と引導(故人を彼岸に導く)を行う宗教式で、通例では近親者が参列されていたようです。
ご遺族と一定の人々を連れ添って、お別れを行う、儀式を、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」というようになり、この数年で、はやって、こられたようです。
動かぬ区別がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』というタイトルですが、主部に家族や友人、親しい方をまとめ役としたわずかな人での葬儀の公称として常用しています。
実際的に来た人を数人くらいお願いしていくらくらいのクラスの葬式を行うのかを決めたり、亡くなった人の望みなどを考慮して、どんな形の葬儀にするかを決定したりしていきます。

こんなように大事な人を死別された身内、と比べて、近くの、知人が、経済の事情を、援助、を試みる。
今では宗教者などは葬式や法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)でお経を読む人という感じが強いですが、大体仏教者とはお釈迦様の教えや、仏教などを間違いなくわかるように、知らせるのが役割なのです。
往生人の気持ちを受け慎ましく近親者のみで葬儀を執り行い済ませたところお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)・葬儀告別式に参加出来なかった方々が、手を合わせたいとちょくちょく自宅へ、訪れてくれます。
無宗教のお見送りの際は縛りがないのに反しいくらかのシナリオを制定する、こともあり、ご要望や気持ちをもとに、お見送りの会を生み出す、進行が多くみられます。
ご先祖様に関してのお参りですので身内たちで実施した方が、超したことは無いのですが、それぞれの都合で、実施できないケースには、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に電話をかけ、卒塔婆を立てるお参りに限定して、オーダーする事もあります。

大阪市立北斎場 葬儀